TOPに戻る

3


ものを調べ時に、本を読んで、カード、あるいはノートを取るというのは今では最も正統的な方法となっている。
けれども、全ての人がそういうことをしているわけではない。そうしなければ知識の整理が出来ないわけでもないのである。

カードにしろノートにしろ一々手書きにしなくてならない。時間もかかる。
折角書きとめたものが全部が全部、あとで使えるわけでもない。
後々の役に立てると言うこともあるが、それは偶然に支配される。
必ずも生きるとは言い切れない。うっかりするとそういうノートがあったことすら忘れられてしまう。

カードにしてもノートにしても作るのは生やさしくはないが、アフターケアともいうべきものが大変である。
よほど管理をよくしないと、悪戯に山のような資料を抱えることになってしまう。

人には向き不向きということがある。
他の人にとってどんなに優れた方法であっても、自分でやってみると上手くいかないということは、これに限らずいくらでもある。

全ては頭の中へ記録する。勿論、忘れる。
ただ、ノートに取ったりカードを作ったりするときのように綺麗さっぱりとは忘れない。不思議である。
どうやら記録したと思う安心が忘却を促進するらしい。

専ら耳を傾けていた方が、話はよく頭に入るのである。
メモやノートを取らなくても、興味のあることはそんなに簡単に忘れる物ではない。
忘れるのは関心の無い何よりの証拠である。
知りたいという気持ちが強ければ頭の中のノートへ書き込めば中々消えない。
もっと頭を信用してやらなくては頭が可哀想だ。
当って砕けろ派はそういう風に考えるのである。



TOPに戻る



inserted by FC2 system